読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴディバチョコの素は買えます、カカオじゃなく

ライフハック的な

ワイルドだと評されてしまった鹿肉購入調理ですが、ちゃんと女子力的なこともやってます。バレンタイン頃は特に。
チョコレートのメジャーなブランド「ゴディバ」ですが、彼らが原料のチョコレートをとあるベルギーの会社から買っていることはご存じでしょうか。

ゴディバはカカオの加工メーカーじゃないですからね。ケーキ屋さんが小麦粉卵砂糖バターを購入して加工しているように、ゴディバはチョコレートを買って加工しています。その大元のメーカーは「カレボー」という会社です。

そんな原料を我々一般消費者がどこで買うのかというと、これはヤフオクでも海外通販でもなく普通にお菓子材料のお店で買えます。


ちなみにチョコレートの区分ですが、以下になっています。

  1. カカオマス…カカオ豆を炒って砕いて皮を除いたもの。油分が多いためペースト状になる。
  2. カカオバター…1の中に半分以上含まれる脂肪分
  3. スイートチョコレート…1に2や砂糖を加えて練りかためたもの
  4. ミルクチョコレート…3にミルクを加えたもの

製菓材料としてよく使われるのは3.スイートチョコレートですね。
詳しくはwikipedia見ると面白いです。読み応えありますよ。

チョコレート - Wikipedia


で、カレボーのタブレットチョコ。非常に扱いやすいです。大きさがほどよくて溶けやすい分テンパリングしやすいんですよね。

チョコレート菓子はシンプルな分、大元の味に左右されやすいです。このチョコレートで作ったお菓子は日本の上質な明治チョコで慣れた舌でも満足できると思いますので、是非是非お試し頂ければと思います。

個人的に私がよくやるのはオレンジピールチョコです。買うと高く、出来あがるまですごい時間が掛かるのでお値段には納得するものの、それでも作業自体が難しい訳じゃないので自分で作るのがお得なレシピの最たるものだと思います。

 

カレボーもいいですが、チョコレートの最高峰メーカーはヴァローナと言われています。
バレンタイン1カ月前頃になれば、クオカでチョコレートの食べ比べセットがおそらく出ると思うので、出て来たらまたご紹介したいと思います。

 

クオカはほんと、10年愛用している会社ですねー。新宿三越の下に入っていた時はよく会社帰りに寄ってました。最初に買ったのはまだ私が北海道に住んでいた時。通販の送料で不利な土地柄な訳です。
クオカは徳島県に本社を置く企業なのですが、「我々が徳島に拠点を置いているのは我々の都合によるものです。ですからお客様がどちらに住んでいようとも、送料一律でご対応させて頂きます」というメッセージとともに送料差別がなかったのです!ええ会社や…
都民になった今でも愛用しています。今後とも是非続いて欲しい会社です。ラブ。

製菓・製パンの材料と道具の通販 | cuocaクオカ - もっとおいしく、もっとたのしく