読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高円寺の占いに行って来た(2回目)

占い

先週、友人から急にメッセージが飛んできた。

今日たまたま手相とか占いの話になって議論が出てたのですが、忍者さん的に占いってどれくらい当たるものだと思いますか?

私はこう返した。

バタフライエフェクト的なものがあるので、当たる当たらないというより行動指針として使えるか使えないかのジャッジになると思います。

言い換えれば「当たると思ってるかは置いておいて、信じてる」という感じになる。

また、「占い」と「その占い師の発言」はニュアンスが異なる。
占い結果はテキストで降りてくる訳じゃないから、話しぶりで印象を変えていたり、また見えてることをあえて言わないということもある。それはその10分なり30分なりでおいくら貰うという客商売なので。
例えば「結婚したいんです」と相談してくる人に結婚運がなかったとしても、本人がそれ以外にちゃんとした目標を持てるタイプの人じゃないなら「3年後ぐらいに出会いがあります」とかって先送りして濁すのが正直無難。
そこは、「このクライアントなら、ちゃんと伝えたことを活かしてくれるだろう」と思わせなかった客側にも責任がある。

(あと言うなれば、結婚運というのは「お相手の運勢」も絡んでくるので、クライアント本人だけを見ても分からないというのは普通によくある。)

私なんかは、例えばうちのシェアハウスだって序盤にトラブル起きてあーもー契約やめよっかなーって思ってた時に占い師匠にタロットでみてもらって、「成功するからどんどんやれ」って言われたから契約して、んで今も満室にしてるぐらいには、占いを活かして生活してる。

だから、なんかぶれた回答になるが「占いって当たると思いますか」に対しては「信じてる占い師は1.3人ぐらいいるよ」という返答になる。

 

 

そこまでが持論語りで、高円寺の占いに行った日記。冒頭の友人が、以前も行った高円寺の占い師を予約した日、元々の予定が急遽キャンセルになったので便乗して行ってきた。

この占い師は、元警察で「たくさんの人をみてきて」占えるようになったというタイプ。バックボーンなどは他の紹介記事の方が詳しい。

【当たる占いレポート】海外や地方からもおよびがかかる元警視庁の敏腕占い師は年間鑑定者数約10,000人 リピーター率85%!|「マイナビウーマン」

 

前回は恋愛しかみてもらってなかったので、今回は仕事。

  • 手相に障害線がたくさんあるけど、この線(ちょっと聞えなかった)でブロックされていて生命線を脅かしていない
    =困難な状況の方がやる気が出てくる人でしょう
  • 仕事をどうするか、人生をどうするかはまだだよ。35~37歳の間ぐらいに全てが決まっていくよ
  • 結婚線は今たくさんある。ちゃんと相手が見つかったら細かい線はなくなっていくよ
    =まだそのタイミングじゃないよ
  • 結婚はするよ(人生のどこかで)
  • 今年はなんか今までと違うことやった方がいいよ
    (まつげパーマのモニターを探している人がその後チラシ置きに来たんだけど、「私そう言うのやったことないから」と断ったら「いやいや、今年はあなたは新しいことを…」という流れで)

っつー訳で、「先送りして濁された」感のぬぐえない結果になった。

「困難な状況の方がやる気が出てくる」というのに対する返答は「だって解き方の分かってるパズルを何度もやらないでしょ?」という感じかと思う。
今(というかキャリアの軸になってる仕事)は、割と短めのスパンでお客さんの困ってることを解決していく仕事なので、とりあえず飽きてないし別にいいかなと思ってる。