読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館でラノベを借りる(おまけ:23区の蔵書数マップ)

ライフハック的な

先日帰省したんですが、「アクセルワールド読んでるの?…図書館の本だ!」と姉に驚かれたので、そう言えばと思って書いてみます。

最近の図書館のオンライン予約の仕組みは非常に便利です。

東京であれば区/市単位で図書館群が管理されており、利用カードを作れば管轄の図書館全ての本が借りられます。
この利用カード番号は図書館サイトのログインIDを兼ねています。区/市の図書館サイトにログインし、蔵書検索をすると、予約をして受け取り図書館を選ぶことが出来ます。
つまり、家のPCでぽちぽち予約して、最寄り図書館にまとめて持ってきて貰うことが、通常のサービスとして提供されているのです!


私が上京した当時はまだ地元札幌にはこのサービスがなかったので(今はあるけど)、「さすが東京…!」と思ったものです。
古いラノベは即時予約が可能なことが多くて、アクセルワールド17巻まで、SAO14巻まではほとんど待たずに借りることが出来ました。
今は電撃大賞の他の作品にも手を出しています。

電撃小説大賞 - Wikipedia

 

で。それだけだとエントリの内容として少ないのでタイトルの後ろの部分を。

下図は、東京都公立図書館調査の蔵書数をグラフ化したものです。円が大きいものが、蔵書数も多いです。
マウスカーソルを合わせると具体的な冊数がポップアップしたり、地図を動かすことも出来ます(意味ないけど)。

このブログパーツは何?と思った人は以下のブログをご参考にどうぞ。

 

品川区の蔵書数は100万冊ちょっとですごいなあと思うんですが、一番多い杉並区はその2倍以上あるんですね。
本好きの方は杉並区に住むといいのかもしれません。