読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最初の3年は未来への転職を意識しつつ爪を隠しながら生きよう

キャリア

4月です。新人の心がけエントリがたくさん出てきています。私は新人時代にこのエントリに会って育ったのでご紹介。

もう8年と少し前ですね。どんどん古くなるエントリですがいいものってのはどの時代でも通用するので定期的に紹介していきたいと思っています。

私はこのエントリをリアルタイムで見てそれから「未来の転職」を考えまして、今では当然それを超えた先にいる訳ですが

  • 個人的嗜好に合った仕事内容。自分のスキルともマッチ
  • ペット可シェアハウス可能物件(広い)を借りられる給料
  • 犬の相手をしてから出勤可能なフルフレックス勤務
  • 自転車通勤(ドアドア15分)

という、個人的には満足な生活を送っています。秋ぐらいには海外出張も予定(未確定)。

 

しかしながら、うっかり意識が高くなると周りがバカに見える時も多々あると思うんですが、そういう時に「先輩が無能だ」などと実際に口に出すとひんしゅくをかって生きにくくなります。それでうっかりスキルが身につく前に退職するとヤバいです。仕事は仕事をしないと覚えられない。ビジネスの世界ってのは学校の授業みたいに教科書や問題集がある世界じゃないんです。

退職の理由で一番多いものは人間関係だという統計もあります。だから、爪をちゃんと磨くまでは出さない賢さを持っていて欲しいです。

 

あと余談。タイトルで「3年」と言ってますが実際転職エージェントしていたこともある目線から言えば、最初の転職は早くても27、8歳ぐらいまでは我慢した方がいいと思います。25、6歳の転職だと給与は上がりません。額面で30~50万あがるように見えても、時給でいえば誤差の範囲です。そのぐらいの年齢の人を取る会社って「教育コストを掛けないで兵隊が欲しい」ってところばかりなので労働時間はおそらく長くなる。中途じゃなくて第二新卒枠採用も、超大手へのリベンジ以外は辞めといた方がいいです。
1年で過労死するレベルの所はすぐ逃げてくださいなんですが…。残業時間が月20-30hは正直どこでもありますので(※IT屋基準)、青い鳥を探しすぎないでください。