読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占いとおみくじ

海外ネタ-シンガポール 占い 海外ネタ

シンガポールのブギスという地域に大きな中国系のお寺があります。
そこの前には屋台やおみくじ解読屋・インコの占いなどあったのでやってみました。

鳥の占いというのは、台湾などにもあって、鳥が占い内容を選んでくれるというランダム系の占いです。

あいにくと「今年は何事も上手く行くよ」という言い方がすごい適当そうな占いで、所詮3S$かと落胆しました。


次にお寺の中に入っておみくじ。

箸入れのような入れ物をシャカシャカ振って1本が出てくるまで待つという形式なんですが、コツが掴めずなかなか出てこない!
5分ほど振ってようやく1本を確定し、さらに2つの半月状のおみくじ(擲杯)を振って「このくじで大丈夫か」と確認しました。
この擲杯は、裏と表だったら良くて表同士・裏同士だとよくないというもの。3回振って3回とも表裏が揃ったのでそのくじを引き換えてもらって完了。


くじは表に中国語・裏に英文で書かれていました。
一緒に行ったシンガポーリアンに確認した所、書いてあることで意味がわかるならおみくじ解読屋に頼らなくても問題ないらしいです。
焦点はシンガポールでの仕事運で引いたのですが、

Trying to put out fire by means of wood. The fire burns even bigger. Do not worry about fortune, lest worse will come.

INTERPRETATION: BAD
One's thoughts dwell on 1,000 other things. One day one realise that it is futile. Be quiet and calm and all will be well.

という結果でした。


悪ければ線香で燃やすんだよ、と言われたけど、私はおみくじは読み返して戒めに使いたいので持って帰って来ました。悪い運勢も自分の運勢。というか結論以外の所読む限りそこまで悪いこと言ってるようには思わないんだけどな…。何がfutileなのかは全然わからないけど。