読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンツーマン授業を無駄にしないための質問実例15

海外ネタ-フィリピン(留学) 海外ネタ

実体験から導き出した「留学を成功させるコツ」で「受身で授業を受けるな」と書きました。わからないことはちゃんと聞け、ということですが、あまりに初心者の場合はそもそも自分が何を聞いたらいいかわからないとか、質問をするための表現がわからないと思いますので自分が使ってた方法を公開します。

1.(Do you understand?)→Not yet.

Do you understand?は先生によく聞かれますね。わからない時にYesと答えて流してはいけません。
yetをつけると「今はまだわからないんだけどわかるつもりはあるんだ」というニュアンスが現れます。

2.What's spelling?

先生の言った言葉がわからないときはホワイトボードに書いてもらいましょう。
授業で使われる単語は大抵中学〜高校英語で学んでいるはずなので、スペルを見るだけで「あー知ってる」となるでしょう。

3.Please wait. I will search(in my dictionary).

英和辞典で調べましょう。例えばニュアンスの表現なんかは英語で説明されればされるほどわからなくなりますが、日本語翻訳するとあっさりわかるものです。
ここで待ってくれない先生は自分が教えたいだけで相手が理解するかどうかは知ったこっちゃない、という悪い先生なので変えましょう。(たまにいました。)

4.OK. This is my homework.

その場で調べてもわからなかったら明日に回しましょう。辞書で調べてわからない場合にネットで調べるとすぐわかることもあります。googlegoogle.jpではなくgoogle.comや google.com.ph (フィリピン版google)、ph.yahoo.com (フィリピン版Yahoo!)を使いましょう。
また、辞書の機種によってはイディオムが上手く検索出来ない場合があるようです。そんな時はグーグル翻訳を使うことをオススメします。

5.I have a question.

普通に。いきなり「Why〜」と聞くと相手が聞き逃すことがあります。
相手に「よし質問を聞こうではないか」という態度にさせるために必要です。

6.Please give me another example.

言葉の通り。他の例を聞けばわかるかもしれません。

7.Please speak more slowly.

聞き取れない場合。

8.How about〜?

exp)How about Number 4.?
一つ説明してもらって、さらに説明してもらいたい時。
例えばTOEIC対策のように複数選択肢がある場合、まず正解を言われますね。でもそれで正解を覚えただけでは理解したことになりません。自分で他の解答と悩んだ時なのに「これはどうして違うのか説明してください」と言うのをさらりと聞きます。

9.Why not〜?

exp)Why not letter B.
How about〜は先に同じような質問をして、同類の質問をする場合に使います。純粋に「どうしてこれは違うのですか?」と聞く時はこっち。

10.It's not clear.

なんとなく分かってきたもののまだ完全じゃないときはその旨伝えてみましょう。先生が詳しい人だったら詳細を説明してくれるかもしれません。
その先生でわからない時は、同じ内容の質問を別の授業の先生にしてみるのも一つの手段です。

11.In my feeling, this word is〜

先生側も相手に理解させたいと思っているんですが、感覚の違いはわからないもの。
そういう時、自分がどういう風に感じているかを言うと何かが前進するかもしれません。

12. Is my (grammar/pronunciation) correct?

瞬間英作文をしたものの自分の発言に自信が持てないとき。

13.(相手の言葉を繰り返し)?

わからない言葉があった時に黙っていても相手には伝わりません。とりあえず喋りましょう。
語尾を?にするだけで「Um, (繰り返した言葉) means〜」と説明してくれるでしょう。

14.Please back. I missed here.

先生がどんどん先に進んじゃって、「ここわからなかったのに」という時は流さずにテキストの不明箇所を指しましょう。

15.I want you to tell me about〜

レッスンの始まりや終わるときに次の授業でやってもらいたいことを伝えます。何の文法が知りたいかとかボキャブラリーを増やしたいとかまぁ色々ありますね。先生が学校にある他のテキストから適切な部分をコピーして用意してくれることもありますので、当日に言うより事前に言っておいたほうがいいでしょう。


実際私がよく使ってたのは「What's spelling?」「Please give me another example.」でした。
しばらく授業を受けていれば自分なりの質問方法は出てくるかと思うので、まず最初のうちは「とにかく黙らないこと」を心がけるといいでしょう。
※9/12 スペルミスを指摘されたので修正しました。ご指摘ありがとうございます。