読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生達の話

海外ネタ-フィリピン(留学) 海外ネタ

今のところ15人の先生を経験しました。うち2人はネイティブなのでここでは省きます。
あと一応検索避けのために名前をカタカナで記載しています。

当初の6人

授業が1時間の自習を含めて8時間、なので1人のネイティブを引くと6人のフィリピン人教師に教えてもらいました。

  • ダイナさんの場合

毎日の第1時間目の授業。とても授業熱心で、ゆくゆくはアメリカMeryland州で外国人教師として働くために経験を積むのだと頑張っていて、とてもいい先生でした。正統派教師って感じですね。
フィリピンの結婚式の方法や日本式の結婚の方法を教えあったり、知り合いの離婚話を教えてくれてフィリピン人女性には離婚を切り出す権利がないのだと知ったり、日本に住んでいる彼女のいとこのためにアメ横について教えたりとかなりコミュニケーションチックな会話もしています。
先週までは彼女に教えてもらっていたのですが、今週から別のコースを選択してしまったために担当教師から外れてしまいました。この学校は授業変更がパズルのように入り組んでいるため、今彼女の授業を私が選択することは困難です。ううう。

  • ローズさんの場合

学校に来て第1・2週目は特に、この授業の時は脳が上手く働かなくなったような気がしていました。4時間目でお昼直前だからかな、と思っていましたが、よくよく考えるとこの授業では先生がやたらと喋っているんですね。それで情報処理が追いついていなかったようです。他の人に各教師の評判を聞いたときに「彼女は可も不可もない。理由は話したがりだから」と言っているのを聞いて、あぁだからかとようやく合点がいった感じ。
4週間で5章やるテキストを唯一完遂させた教師でもありますが、もういいかなって感じ。ちなみに10月で辞める予定だそうです(この学校は辞めたい時には2週間前に言い出せば良いことになっています)。

  • チャンさんの場合

実際に教えてもらってる時は態度が気だるそうな部分があるなぁと思いましたが、あれですね。人は欠点があるからこそ人を好きになるのだと言うのを実感しました。
笑顔が明るいし、楽して稼げるなら別の国でも行くわ(来年辺りにドバイで会社員志望)という気概がまた私のフロンティアスピリッツをくすぐります。稼ぎは増やしたいけど教師にこだわっているダイナさんとは対照的です。
テキストに忠実ではないものの、逆に色々自分の要望があれば一番言いやすい感じではあります。
今週末のスケジュール調整で上手くいけばまた担当してもらおうと画策しています。

  • チェリーさんの場合

グループレッスンだったのであまり細かい人となりは聞いていないのですが、迫力のある美人であり、正統派の厳しめの教師と言った感じでした。他のグループレッスンでは韓国人びいきというか生徒同士が韓国語で話していても放置している人も多い中、「ここは英語のクラスよっ」とばしっと言ってくれる、私にとってはいい先生でした。
月末のレベルチェックテストで私は普通にレベルが上がったものの、このクラスメート達は全員上がらなかったようなので、少なくとも同じクラスに戻ることはもうないでしょう。

  • シンデルさんの場合

とても明るいアメリカナイズされた女性といった感じ。洋画を教材にボキャブラリーを増やすという(授業時間の半分は洋画を見ている。たまに短めの即興演劇をやらされる)授業を受講していました。
Listeningに慣れていない当初はこの授業は結構厳しいものがあったけれど、いざ慣れるとこの人の発音はとても聞きやすくて良いことに気づきました。
この学校はネイティブかCNNかのどちらかを選択しないといけないので、ネイティブ授業よりこの先生のCNNの方がいいです。今月のカリキュラムが終わったら戻る予定です。

  • ジョリベスさんの場合

韓国人びいきな先生。グループレッスンだったのですが、おそらく韓国人男性と結婚したいと思っているのか、最初から韓国人男性のクラスメートに対してはかなりオープンマインドでした。この授業の変更はやむなしですね。

1週間だけ担当してもらった2人。

先生は週単位で変えられます。最初の授業は3週間我慢したのですが、耐えられない2つだけ変更しました。

  • ラッセル(男性)さんの場合

グループレッスン。先週でタイに旅立ってしまった日本人女性オススメの好青年。
人数多いレッスンだからいいのか悪いのか判断出来なかったな。発音は相当聞き取りやすいです。
この学校はゲイではない男性の先生は珍しいため、是非マンツーマン授業を取って「なぜCIAで働いているのですか?この学校の次のキャリアプランは??」と聞いてみたいのですが、しかしかなりの人気の先生のため競争率が高そうです。

  • クリスティーナさんの場合

他の時間割を変えなければいけない関係で偶然選んだものの、大していいとは言いがたい。ただグループレッスンのコマで、一緒の授業の韓国人男性の態度が激悪だったのでそれもあるかも。
フィリピンでは1つの家庭から年に1組しかカップルを出してはいけないらしく、彼との結婚を3回延期している不遇の女性です(1回目は彼の姉が妊娠→結婚、2回目は彼の妹が妊娠→結婚、3回目は彼の母親が病気)。
なんでも2組結婚したら、片方が幸せになって片方が不幸になるんだって。へーへーへー。

先週から変更になった5人

今週からIELTS対策コースを選択したために授業時間がフルで変更されました。その担当教師2名とたまたま割り当てられた授業の3人です。

  • ハーベイ(男性)さんの場合

ゲイ。日本に居たら気持ち悪いと思ったのかもしれないけど、南洋系のはっきりした顔立ちのせいか別に気になりません。イケメンは得だということがまた一つ実証されてしまいました。
今のIELTSコースでは1日3時間この人から教えを受けています。
生徒が新しいハンドアウトを読んでいる時など、教師がやることがない場合はアナスイのハンドミラーをのぞいています。
マンツーマン授業では毎日「今日の髪型はどうかな?」と聞かれます。なんでも日本人のファッションセンスがいいから日本人女性に相談するようにしているんですって。まぁ私はいつも「今日も可愛いよ」と答えてますが。
「なぜゲイを選んだのか?」と聞いたところ、生まれつきだからと返答されました。叔父や祖父もまたゲイらしく、血筋だから普通だ、とのことです。ちなみに24年間の人生で彼氏がいたことはまだないそうです。

  • ヘイゼルさんの場合

時東ぁみが好きな人だったらかなりヒットするんじゃないですかねといった外見。巨乳で小柄で赤いフレームの眼鏡を掛けていておまけに教師。日本に連れて行ってオタク向け教材でアキバで駅前留学学校開いたら一躍儲けられるかも知らん…と思ったり思わなかったり。需要量が私には見積もれない。英語を勉強したがるオタクって@keishisanぐらいしか知らないです(既に英語が喋れる年上の層は別にして)。
たまにすごく話すのが早くて日本人2人を含む我らは面食らってしまいますが、それもいい訓練なのかなと。
オタク的にはかなりいい感じの外見なのですが、勉強に忙しいため彼氏がいません。それを憂いているのもまた可愛いです。

  • イベットさんの場合

28才にしてこの仕事場が6つめだという、そして彼氏なし(フィリピン人男性は頼りがいがなく女性の負担が大きいので、そういう人に捕まるのを恐れているそうな)。日本にもいるよねこういう派遣渡り歩いて薄幸オーラ漂う女性…と当初は思っていましたが、それはそれで興味深い話が聞けるものです。こういう薄幸オーラの人は得てして愚痴が好きですが、そのおかげで韓国人スタッフの人は実は元生徒だとか、この学校の後でオーストラリアで仕事を探すつもりだったとか、ヒステリックに叫ぶので教師達からも快く思われていない、というか全体的に韓国人スタッフは教師達にとって避けたい存在である、と言ったことを暴露してくれました。うーむ。面白い。
南国の女性だからと言って必ずしも明るいわけでもない、ということが知れたいい例でもあります。
「get marriage is suicide.」と言い切ってしまう辺りもなかなかの逸材ですね。そろそろ授業変更したいです。

  • ナディールさんの場合

この学校で会った教師の中で一番若い22歳。20歳にして大学を卒業し(フィリピンではmiddle schoolに行かない場合14年で大学卒業が可能)、翌週にはこの学校で働き始めたというバイタリティ。今も土日は学校に通っているらしく、何かこう、わくわくするエネルギーを感じさせる女性です。
初日は「昨日何やった?」→私「昨日20時に寝てしまって…」→「もし寝てなかったら何をしていた?」→「占い本読んでスキルが上がったことでしょう」(仮定法の取っ掛かり)から、手相を見たりタロットの話したり「この学校幽霊出るんだよね」な話をしたりしていました。若いだけあってそういった話にものすごく乗ってきてくれます。
フィリピン人は実は結構犬・猫が嫌いな人が多いのですが(野良が多いからか。汚いと言ったりアレルギー持ちの人が多い)、この人は私のペットの犬にすごい興味津々だったので育ちがいいのかな、と思いました。明日の宿題は携帯に入っている犬写真を見せることです。

  • リザさんの場合

アクティビティ(10人前後のグループ授業)の先生なので深いことはわかりません。生徒のレベルに関係なく選択されるものなので難しいことやらないのでいいのか悪いのかもわからない。
グループレッスンを担当できるのはある程度評価されている先生だし、かつそのクラスはWritingの授業なのに、小説のジャンルの話になったときにアガサクリスティやアイザックアシモフ、エドガーアランポーと言ったジャンルの有名な外国作家を挙げたところ全く反応しませんでした。多分発音の問題じゃないと思う。。。
つまりフィリピン人は外国文学とか読まないのか??とものすごく不安になってしまいました。是非別のマンツーマン教師に確認を取りたいと思います。