読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職しました。

日記雑記思考ログ

2011年6月9日をもって東京の某ソフトウェア会社を退職しました。
有休消化をしていたので、最終出社日はもう1ヶ月以上前です。
退職時の顛末は前の日記で書いた通りです。


SEというはてな界でもっともありふれた職業ではありますが、SIerではなくソフトウェア会社だったので、


製品作り/デバック/品質管理/プリセールス/導入・バージョンアップ・カスタマイズ等の実作業/ユーザへの製品教育(講師)/サポート/既存顧客へ挨拶回りがてら次の需要発掘


と、下から上まで(バックからフロントまで)携わりました。
もちろんそれぞれは深くないにしろ、おそらく20代でここまで経験してる人はめったにいないと思います。
これにはちゃんと理由があります。ゼロから開発するSIerと比べると、核としてソフトウェアがあるとサービス導入までが短期間で済むため、プロジェクトを少人数&短期間でまわすことが出来ます。なのでプロジェクト全体が否応なしに目に入るし、というか一番下の人間が一番手を動かす必要があるので全体を把握していないとその短期間の納期に遅れかねないからです。要件定義フェーズも、自分で話進める訳じゃないけれど同席して、会社に戻ったらすぐ作業を進める、という感じ。
自社で開発したソフトも売りましたが、海外製品を間接販売もしていたため、SAP(BO)やOracleといったメジャーどころも扱っていました。資格はOracle Master Gold(10g)を保有してます。
常に仕事が多かった訳でもないですが、ブラックかと聞かれると否定は出来ません。残業時間が月基準労働時間(150時間)を越えたこともあります。一番長く在籍していた部署は技術職にも関わらずノルマ(売上目標金額)がある部署だったのですが、一般職SEにノルマを課す会社という時点でお察しくださいな感じです(とは言うものの数字を達成してもしなくてもあまりボーナスに影響しているようには思えませんでしたが)。


私が退職に踏み切った理由は激務ではなく薄給でした。辞める前の1年間は雇用調整による休業(従業員を辞めさせない代わりに休業をさせると政府から補助金が出る)のため週休3日で、代わりに手取りが月17万程度でした。それでも辞めさせられる人は辞めさせられ、しわ寄せで仕事の量は増え、それでも週に4日しか出勤できないのでプレッシャーが掛かるばかり、実質的に経営者が儲けているだけの制度利用でした(全従業員分の休業により節約できたコストは1千万円ほどだったらしいが、そのタイミングで天下り役員を一人受け入れている)。
退職する前に転職活動をしていたのですが、ちょうど始めた時(2009年7月)にリーマンショックの影響がもろに求人市場に来ていたタイミングでした。活発にエージェントを利用し、休止してキャリアの棚卸しをやり直し、また活動…と1年ほど頑張っていたのですが結局給与増が望める会社からの内定は出ませんでした。
一番最後の不採用連絡を受け取った時、夏休みを取って台湾にいました。その連絡を見て「履歴書に空白作らず大きな会社に移っていく日本的キャリアアップは私には無理なのかなー」などと考え、そこでいったん転職活動は諦めました。


帰国後は主にTwitterの人達とボドゲオフに興じる享楽的な日々を過ごしていましたね。楽しかった…


2010年上半期は社長のわがままで始まったプロジェクトにアサインされていたので立場が特殊だったのですが、10月にもといた部署じゃなく別の部署に異動することを告げられ、ついでに「将来的に地方行きもある」ということを言われて、再び会社を辞めるということについて考えざるを得なくなりました。
改めて考えて


などと考えて以来Twitterシンガポール在住者を見つけるたびにフォローするようにしていたら、いつのまにか私の中でシンガポール行きが夢や思いつきではなく具体的な計画性を持った目標として形になってきました。


そして今何をしているかというと、2週間前からフィリピンに滞在して英語を勉強しています。マンツーマン授業が3時間にグループレッスンが4時間、寝るところとご飯がついて月10万という全寮制の語学学校です。
が、この学校選びが良かったのか、本当に英語力が伸びるかどうかについては実は今はまだ確信が持てません。。。


とはいえ会社に在籍し続けるよりはよい経験にはなっていると思います。周りは9割が韓国人ですが、彼らがフィリピン留学後に何をしようと考えているか、ここに来る前に何をしていたかなどを聞くのはとても興味深いです。お互いに拙い英語で必死でコミュニケーションを取っています。
フィリピンで思ったことなどについては随時Twitterで呟いていますので、興味がありましたらどうぞ。
http://twitter.com/Ni_nja