読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skypeで英会話ができるサービス「レアジョブ」を体験をしてみた

学習・英語

レアジョブという、非日本人の講師とSkypeで英会話ができるサービスの無料体験2回分をやってみました。
レアジョブはオンライン英会話の先駆けです。
こういうSkypeで通話料無料のオンライン英会話、というのはいまや結構な数のサービスがあるみたいです。
まとめてるブログがあったのでご紹介。

Skypeを使ったオンライン英会話スクールまとめ

レアジョブの始め方

Skypeのアカウントを事前に取っておいて、レアジョブの登録時に入力します。
自分の予約したい時間で空いている先生を探して、OPENになっているところをクリックして予約。
予約の時間の5分前くらいからskypeを立ち上げて待ってれば向こうからコンタクトが飛んできます。
簡単ですね。


講師の数も豊富、自己紹介音声だけで充分なデータベースになってる勢いだし
ちゃんと25分1コマで終了するように作られた無料教材もPDFで提供されています。
そこは素晴らしいですが、講師の質はどうなんだろ…?


1回目の人は寮かどこかにいるのか、後ろで人の話す声が結構しました。音質もこもった感じでちょっと聞き取りにくい。
2回目で予約していた人がドタキャンになり急遽変更。
カスタマーサポートからのメールが開始10分前に来てるのに、代講のキャンセルは10分前まで(つまりキャンセル不可)、というのはシステム不具合に近いと思います。
(とはいえ代わりの先生の方が1回目の人より発音や音声の質など良かったからいいんですが。)


本当は教材に頼らずネイティブと自由に会話出来たら本当に実践的なトレーニングになるんでしょうが
例えば、美容室で話しかけられると話題に困りませんか?
私は困ります。特に20歳そこそこくらいの男の子とかもうね。。。興味の範囲が違うっつーの。
そういう、英語力とは別次元のところが引っかかって、結局本登録はしてません。


後は毎日使えば格安!でも、勉強中だと予習復習して週1〜2回の方がかえっていいのかもしれないし、そうすると割高かなぁ、というのもネック。
5千円あればCD付きの本が2〜3冊買える時代ですからね〜