読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールで働きたいと思ってる(3)留学か就職か…

日記雑記思考ログ

入国のパターンは

の3つかなぁ。


留学は金銭面さえクリアすれば敷居ゼロなんだけど、生活費を含めると3ヶ月で大体50〜80万くらい。その後働き先が見つかるまでタイムラグがあったら…と思うとかなりリスキー。
ちゃんとした大学じゃなくて現地英会話学校(NOVAみたいな民間運営と思われ)だったら安いけど、うーむ。
やはり基本は就職前提の方がいい気がするなぁ。まだ辞めてないんだから準備期間もあるしね。


シンガポール国立大とかちゃんとした所で3ヶ月留学をする場合は、入学が1・4・7・10月に限られて、入学2ヶ月前には確定しておかないといけない。
もし3月に「転勤断って退職」コースだと7月入学かな…特になんの問題もないな…
あ、前述の元同期以外に、会社のお客さんで29歳で辞めてカナダワーホリ行った女性もいるけど、3年経った今はLAでのんきに学生生活している(本人談)らしい。どうやって食べていってるかは聞いてない。謎過ぎる。


派遣会社は求人数は多いけど、絶対TOEICとかでの足切りがありそうなんだよね。そこは勤務経歴の部分でカバーできるかなぁ。まぁ登録と説明会は行きますよ。近々。
しかし日系企業はあんまり気がすすまないな。

やはり日本から(留学経験とかを経ずに)いきなり海外就職を狙う人ってのは日系から始める人が多いと思う。いきなり100%英語環境の外資は厳しかったり、あと日系の方がビザを取るのも簡単だしね。俺も身を持って経験したけど海外にある日系ってのは日本で働いてるのと変わらないレベルのクソ会社、ブラック企業がそこらじゅうにある。気を付けないとすぐにうんち踏みつけちゃうよw。


ただ、英語が上達するまでの辛抱、永住権をゲットして自由に動けるようになるまでの辛抱と割り切って日系でしばらく我慢して働いて、機が熟したらここぞとばかりにフェアでしっかり休めるローカル系や外資に移って行く人は多い。まさに現地採用組にとってクソ日系はステップアップのための踏み台。ローカル系や外資に移る準備が整ったら皆「グシャ」って感じで踏みつけて去って行くよw。

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-148.html

海外ニートさんのブログを「クソ日系」で検索するととても怖ろしいですぅ><


現地コンサルタントは結構いるイメージ。ちょっと探しただけで「海外就職のお手伝いします!」てHPがちらほら。副業としてちょうどいいんだろうなぁ。その辺は日本に居て頼るより向こうに行った後かな。
せっかく海外で働くなら、現地の経営とか知りたいしローカル企業の経理とかがいいなぁ、という希望がある。
日本に帰ってくる可能性もあることを考えるとキャリアがぶれないITの方がいいのかな、とも思うけど。
あ、ITって言っても今の会社はSIerじゃないんでどっちにしても大して経歴にならない気もしないでもない。


-----
日本にいても英語はある程度身につくわけで、とりあえずはTOEICスコア稼ぎ&現地で困らないよう英会話強化かな。TOEICを過去2回受けただけあって、教材はいっぱい持ってるんですよ?(もちろん使い込まれた形跡はない)
次回予定:レアジョブ体験をしてみた記録