読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterのオフ会募集方法

ライフハック的な オフ会・ボドゲ等

マイミク某氏が「Twitterへの移行を本格的に考えている」らしいので私の知ってる情報を惜しみなく公開。

想定読者:カラオケオフ幹事Nさん。
ヤフー掲示板 → 2ch → mixi と場所を変えカラオケオフに参加&主催をしている。最近の知人のmixi流出によりオフ会に人が集まらなくなってきたのでオフ会募集拠点をTwitterに移すべきか検討中。たまにアウェーオフに行って自分のコミュニティに合いそうな人を自らヘッドハンティングしてくるなど、mixiの枠に留まらない幹事能力を持つ。

Twitterのオフ会募集ページの例・4つ


Twitterで告知をしつつも、実際に参加表明をするスペースは別で用意しているのが一般的です。

やはりTwitterは流れるし、プロフィールにURLを書いていたとしてもあまり読まれません



その別ページの用意方法をざっとご紹介します。


    • ATND

mixiTwitterという移行であれば最も利用しやすいと思われるサービス。

OpenIDを利用しているため、参加者はTwittermixiのIDを持っていれば参加ボタンをぽちっと押すことが出来ます。

幹事がイベント作成する時はログイン後[新しいイベントを作る]からタイトルや内容、日時などを入力します。mixiのイベントを立てるのとほぼ同じですね。

例)

http://atnd.org/events/6398 200人規模

http://atnd.org/events/7478 10数人規模


    • Tweetvite

こちらはTwitterアカウントを持っていることが前提。

参加者はTwitterアカウント経由でログインし、YesのボタンをクリックするとYes欄に表示されます。

参加者がYesボタンをクリックした時に、自動でその内容をTwitterにつぶやくこともできます(つぶやかないでそのまま参加することももちろん可能です。)

例)

http://tweetvite.com/event/dominion_thu



木曜ドミニオンの場合、イベント終了後にYesの人を管理人の@retletさんがMaybeに変更しています。

再編集とかはどのくらい可能なのかな…日時が決まっている定期オフなどには便利そうです。



Tweetviteでのイベント作成方法をスクリーンショット付で説明しているサイトがあったので紹介しておきます。

Twitterユーザでオフ会するときに役立つサイト「Tweetvite」】

http://tokuna.blog40.fc2.com/blog-entry-1854.html


私は今のところ自宅オフしか開催していないこともあり、google docsスプレッドシートの共有設定を「リンクを知っている人全員」(←検索で引っかからない)かつ編集権限を「誰でも編集できるようにする(ログイン不要)」にして、掲示板として利用しています。URLはTwitterのダイレクトメッセージで送っています。

実際の利用イメージはこんな感じ。

参加者はgoogle docsのアカウントを持っていなくても閲覧&書き込みが出来るので非常に便利です。

オフ会が終わった後で非公開に戻せるのもいいですね。


    • ブログ・HP

中野ドミニオン大会とかゆるドミ会とかがそうですね。特に説明の必要もないかと。


告知の方法

    • 普通にツイート

自分のフォロワーに対して告知をできます。

参加状況にもよりますが、告知の呟きは2〜3日に1回くらいのペースが多いようです。

あまりに頻繁に同じ内容を呟いてフォローをはずされてしまっては本末転倒ですからね。

ただ、人によってTLを見るタイミングはまちまちなので、オフの想定参加者のいそうな時間帯を狙って呟きましょう。


    • リプライ(通称@)

相手が自分をフォローしていなくても発言を届けることができます。

ただし、Twitterはそれに対しさらにレスをする義務はない、という文化ですので、反応がなくても大げさに考えないでください。私の例ですが、Twitterを会話ツールとして使っている側面が多く、タイムラグの大きいリプライについては返信しないこともしばしばあります。
参加意思のない人であれば反応が返ってこないことは充分想定されますが、シカトというネガティブなニュアンスではなく、mixiでオフ告知を出しても反応がない場合と似たような感じだと捉える方が精神的に良いかと思います。


    • ダイレクトメッセージ(通称D、DM)

相手が自分をフォローしていないと送れませんが、基本的に頻繁にやりとりをするものではないためログが流れにくいです。

ただし、DMは日常チェックしない人が多いので、送った上でリプライで「Dしました」などと連絡する方が確実です。


        • -

Nさんの方法だとATNDが一番でしょうが、あえてTweetviteでイベントを作って定期的に参加する面子にTwitterアカウントを作らせるのもアリかもしれません。

どちらのサービスを使ってもアウェーの人が参加してくる可能性がありますが、Nさんの幹事能力なら心配いらないでしょう。

        • -

追記:エントリを上げたらTwitterで先人達に色々アドバイスを頂いたのでまとめました。経験豊富な幹事陣なので参考になるかと思います。