読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾で外篭り体験してみた

日記雑記思考ログ 海外ネタ

外篭りとは海外で引き篭もりをする人のことです。日本で稼いで、生活費の安い海外で生活するライフスタイルです。
私の周りに数名そういう人がいまして、たまたま先月台湾のイベントに行くことになったので、見習ってみました。


■Sample1:飲みオフ幹事(男性・40代)
技術系音楽家とでも言うのかな。著名アーティストのコンサートツアースタッフなどをやっている人。私を占いの師匠に引き合わせてくれた人でもあります。
年の半分稼げば通常サラリーマンが稼ぐぐらいの金額になるとのことで、もう半分はタイで生活してます(タイは外篭りが多いらしい)。
タイの家はもう買ってあるそうです。向こうはハウスキーパーを雇うのが一般的らしく、ちゃんとハウスキーパー用の3畳ぐらいの部屋もあるんだとか。
日本の住居は賃貸です。数ヶ月前に更新のタイミングで解約→マンスリーマンションにするという検討もしてましたが、意外と高かったし帰国の度に毎回探すのも面倒だろうと言うことで更新料のない別住宅に落ち着きました。(楽器類など荷物も多いので結果として良かったようです)


■Sample2:会社の同僚(退職済み)(女性・20代)
元々海外旅行が趣味、というか親の都合で幼少時に南半球に住んでいたこともあるグローバルな子。
韓国でワーキングホリデー中。大学のある駅(学生街)に住んでいて、留学生も多い下宿に住居、ご飯も出て一ヶ月2万ウォンだそうです。えっ1600円(←話聞いた当時のレート)で一ヶ月生きられるんだ!?
韓国語は行った先の語学学校で文字から習い始めて、4ヶ月目には仕事も決まって(日本からの電話を受けるコールセンター)順調そうでした。
この子の場合は韓国に興味があるというより「日本にいる韓国や中国の人が日本語ぺらぺらなのがすごいから、私もやってみようと思った」という動機でした。それまで韓国に行ったことないのに1年滞在のワーホリを決行。その行動力がスゴイよ!!


ワーホリと外篭りを同列にするな!と言われると返す言葉もないですが、国境をむやみやたらと「壁」扱いしていない人、という枠組みでひとつお願いします。


で私の条件

  • 7月最終週(←普通の勤め人なので夏休み充当)
  • ホテルではない宿
  • 探しうる最低価格の飛行機

1.宿探し

「ゲストハウス 国名」などの名称で検索を掛けたり、SNSのコミュニティとかを色々見てみました。日本語で対応してくれる宿がいいのであえてカタカナ検索です。検索の地名を「台湾」にするのと「台北」にするので検索結果が違ったりするので、こういうちまちました違いは結構重要です。中心街の隣駅の名前入れたりとか。
で、こういう一覧情報とか2chログとかも参考にしつつ探しました(あとTwitterで@phaさんが宿一覧のサイトを教えてもらってたのを非公式RTで目撃したりしたんですがブクマし損ねました…)。


結局パピヨンステイというゲストハウスが女性専用宿らしい、ということで問い合わせてみました(実際は男性でも滞在できます)。
料金はシングルで700元(1元≒3円)、ドミトリーで450元、7日以上の滞在で10%引き。
※料金はちょこちょこ改訂してるようなので宿泊の際は先方に問い合わせ願います。
数百円しか違わないならドミトリーにするまでもないなーと今回はシングル選択。結局8泊して5040元(私の交換レートでは1万4千円)でした。
部屋のイメージや写真はこのエントリが充実しています。これを見たおかげで安心して行けました。

2.安い飛行機を探す

私はマイルを貯めていないので飛行機本家サイトやよくある格安飛行機サイトなどを検索。(そもそもマイルで航空券がもらえるようなクレカ生活をしている人は外篭りにはならないですよねー)


比較した結果、

  • ANA/80k円くらい
  • JAL/65〜70k円くらい
  • 格安サイトの非日本航空/40k円弱〜60k円代(媒体・航空会社による)
  • チャイナエアライン(本家サイト)/40〜50K円代

私の日程ではチャイナエアライン本家サイトでも43kだったのにイーツアーでは36kでした。
ちなみに内訳はこんな感じ

航空券基本運賃 26,000
燃油サーチャージ 5,620
空港使用料 2,540
入出国管理税 1,050
手配料金 1,050
合計 36,260

海外航空券の時は燃油サーチャージ等によくだまされるので、予約の際は確定一歩手前まで画面を進めてトータルの金額をしっかり確認してください。格安サイトでも運営媒体によって価格が違うし、サーチャージに手数料を含めて「海外諸税」等と書いているところもあります。私は格安サイト4〜5個比較しました。
宿と違って飛行機は値段の差ほどクオリティに差がないので、ここは晴れ晴れとした気持ちで引篭りライフを迎えるためにしっかり調べておきたいところです。


チャイナエアラインは正直意外と良かったですよ!ご飯はファミレスぐらいには美味しいし、ドリンクサービスはご飯時だけだけどちゃんとあるし、AIR DO(←北海道ローカル路線)ほど揺れない。
ドリンクサービスは私にヒットしましたねー。ワインを両手に持って「イカガデスカー」とワイン瓶の底を持って構えてる姿が\(^o^)/に似てた(←瓶を頭上に上げてた訳じゃないんですが、角度が)。日本風にワゴンでいっぺんに持ってくるんじゃなくて、アイテムを変えて巡回してくるんですね。さくさく動くのでちゃんと見てないと声を掛け損ねるかもしれませんが「ちゃきちゃき」という形容詞が似合う気持ちのいいサービスです。お茶を頼んだら台湾ぽいホットウーロン茶が出てきました。ちゃんと淹れた味。美味しかったので帰りの飛行機でも飲みました。

3.結果

滞在はかなり楽勝でした。外篭りが多いタイは英語が通じたり特定の地域には日本人が多いという話ですが
台湾は現地人に日本語が通じます
レストラン入っても人差し指立てて「一人」と言えば「ヒトリコチラヘドゾー」と返してくれる、そんな観光国ですよ!
ていうかどこであれモノ買うぐらいには大した言語いらないですからねー。病院に行ったりしなければ本当に外篭り体験をしたことにはならないのかもしれません。でもおなかも壊さなかった!かき氷いっぱい食べたけど平気だった!正露丸持って行ったけど使わなかった!!


ご飯も屋台がいっぱいあって、おなかを満たすなら200〜300円、500円も掛けたら超リッチに食べられます。160元の生マンゴーがたっぷり載ったカキ氷美味しかった…飲み物は暑いからかどこでも売ってます。ビニールで蓋を焼き付けて売ってくれて、ストロー挿して持ち歩いてそこいらのお店入っても全然おk!こぼれません。店員さんもお客さんに見えるところで普通にご飯食べてたり、そういう緩〜い文化です。


地下鉄は片道20〜30円から、終点まで行っても200円しないぐらい?(デポジットのカード使ってたのでよく覚えてません)タクシーは徒歩20分強ぐらいの距離で約250円でした。安い、安いよ!


台湾は時差もたった1時間なので、夜は普段新宿で木曜に会ってる面々とオンラインドミニオンやってました。TLにもしょっちゅういたしw
ノートPCは万能です。外篭りには必須アイテム。持ってったのはかれこれ5年ぐらい前のXP機(スペックは微妙)ですけど普通に現地の電圧で大丈夫だし、回線差し込めば即座に おはようおまいら!!www


-----
という訳で、外篭り費用は宿8泊9日&飛行機で5万円+お小遣いでした。はい、ただの旅行ですね。でも充分安くあげられてると思うの…
8泊は観光には長くて篭るには短い微妙な期間だったと思いますが、時間に余裕があったので無計画にあれこれ行けて良かったです。だらだらすることもバリバリ観光することも出来たので私の性に合ってました。
台湾は気に入ったので来年辺りまた行きそうな気がします。