読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の木曜ドミニオン(7/2)

オフ会・ボドゲ等




土曜日の中野大会に向けて修行するぜ!と意気込んで行ったものの

5戦やってALLビリという結果に。

なんかさぁ…木ドミ面子は上級者過ぎてさぁ…

私一人だけがルールを分かってない詰め将棋をやっている気がしてしまうよ。



今回から獲得勝利点 手番/初手-2手目獲得手札という記述ルールに変更。

第1戦

堀(2)、地下貯蔵庫(2)、中庭(2)、仮面舞踏会(3)、男爵(4)、祝祭(5)、幽霊船(5)、策士(5)、船着場(5)、公爵(5)


31p 二/中庭-中庭

29p 一/仮面舞踏会-中庭

29p 三/男爵-銀貨

14p 四/中庭-中庭(私)




私以外の3人が公爵狙い。4番手だったので被ったら間に合わないかなーと思い単身属州を狙ったが、即効で終わったので8金に全然届かなかった。

公爵は、今回3人でも平均30点行ってるが、2人しか狙ってない場合は50点行く戦術らしい。

うーん、5金でいいなら男爵で充分な気がする。4人目の私は男爵-中庭辺りが良かったのかしら。



第2戦

原住民の村(2)、見張り(3)、漁村(3)、願いの井戸(3)、航海士(3)、巾着切り(4)、引揚げ水夫(4)、庭園(4)、バザー(5)、貢物(5)


31p 一/願いの井戸-引揚げ水夫

24p 三/見張り-巾着切り

23p 四/原住民の村-バザー

18p 二/見張り-引揚げ水夫(私)




手札が想定外のコストになったときに変な買い物をして負けてしまうパターン。

4金2BUYになったので原住民の村を2枚入れたりしたが、邪魔で…

「原住民の村は2枚あれば1ドローと同じ」と言われたので、デッキに加えるならがっつりか全然入れないかのどちらかがいいのかなぁ。

まだ使い方がよくわかってないカードです。



第3戦

抑留(2)、秘密の部屋(2)、宰相(3)、橋(4)、金貸し(4)、玉座の間(5)、隊商(5)、破壊工作員(5)、鉱山(5)、探検家(5)


27p 三/金貸し-銀貨

24p 四/金貸し-銀貨

21p 一/金貸し-銀貨

15p 二/金貸し-銀貨(私)




全員が同じ手札という詰め将棋。大体みんな同じ戦略をしている。

勝ち負けのポイントはなんだったのかと聞くと「無駄なものを買わないこと。あと引き」とのこと。

俺はこのドローに掛けるぜ!行くぞ!!て奴ですね。わかります。



第4戦

地下貯蔵庫(2)、貧民街(2)、倉庫(3)、仮面舞踏会工房(3)、泥棒(4)、寵臣(5)、バザー(5)、前哨地(5)、貴族(6)


36p 二/銀貨-仮面舞踏会

32p 一/銀貨-銀貨

31p 四/仮面舞踏会-銀貨

17p 三/寵臣-地下貯蔵庫(私)




単独5-2スタート、さらに3ターン目で5金寵臣という流れだったのに相変わらずの最下位。

寵臣は結局4枚買ったんだけど、なんだろう…なんか手札交換に踏み切れない…

序盤は手札交換するより2金にした方がよくない?とか思っちゃう。

でも結局寵臣を集めた人が勝つらしいので、序盤に好スタートをしたら他の人の妨害も含めて手札交換していった方がいいのかも。



第5戦

秘密の部屋(2)、大広間(3)、密輸人(3)、願いの井戸(3)、木こり(3)、引揚げ水夫(4)、銅細工師(4)、島(4)、幽霊船(5)、鉱山(5)


38p 四/島-銀貨

34p 一/銀貨-島

30p 三/銀貨-島

25p 二/秘密の部屋-幽霊船(私)




私一人がルールを分かっていない詰め将棋。

圧縮もないし島を買えるときに買うべきなのは分かるけど…

2-5だったので逆に何を取るべきか分からなかった。

誰かこのサプライで2-5スタートの取るべきものを教えてください。



------------


連続5戦で消耗していたが、私は実は翌日休みだったので続けてテラフォーマー。

私は初めてだったのもあって、インスト含めると他の人は終電がかなりヤバイ時間に終わった。

大丈夫だったかしら。逃してたらほんとすいません。


プレイしていたらまなめさんに「明日錬金発売されるからすごろくやで買って来といて」と

パシリ指示されるなど。ちょwヒドスwww